サイトのPV数をあげるため、直帰率の低下のために、
単一記事のページの記事の下にその記事と同じカテゴリー記事10件へのリンク一覧表示を表示させました。
自作しなくてもの「related posts」などでプラグイン検索すると便利そうな物がありましたが、
今回は、WordPressの勉強のためにもプラグインは使わずにやってみました。

<div id="related-entry">
	<h3>同じカテゴリーの記事</h3>
	<?php 
	$cat = get_the_category();
	$catids = "";
	foreach(	$cat  as $catid)
	{
		$catids .=  $catid->cat_ID.",";
	}
	 $relposts = get_posts('category='.$catids.'&numberposts=10');?> 
	<?php foreach($relposts as $post) : ?>
		<li><a href="<?php the_permalink() ?>" rel="bookmark" title="「<?php the_title(); ?>」の個別ページへ"><?php the_title(); ?></a></li>
	<?php endforeach; ?>
</div><!--end:related-entry-->
<?php 
$cat = get_the_category();
$catids = "";
foreach(	$cat  as $catid)
{
	$catids .=  $catid->cat_ID.",";
}
?>

カテゴリーIDはカンマで区切る事によって複数指定できます。

<?php 
$relposts = get_posts('category='.$catids.'&numberposts=10');
?>

カテゴリーIDを指定して記事リストを取得します。