先日の車検の前の話ですが、バッテリーをPanasonicのカオスバッテリー C4(N-95D23L/C4)に交換しました。
正式名称はBlue Battery CAOS(ブルーバッテリー カオス)というみたいです。
C3ではバッテリー上部の黄色い部分でしたがアップデートしたC4では黄緑色になっています。

特徴としては 大容量、充電回復性能、軽さなどがうたわれています。
ほかにもオーディオの音などが向上すると書かれています。

BH型のレガシィ、標準では55D23Lの性能ランク・サイズですが、このカオスバッテリーは同じ23DLでも95D23Lという性能になります。同じサイズ(D23L)でも二グレード上くらいの95という性能ランクになります。カーナビやETCなどなどいろんな電装機器が使われている最近の車ですから大容量で安心です。

同じ性能でいいのあれば55B19L/C4というのがありますので、そちらだと5.2kgもの軽量化にもつながります。(仕様表より)。ちなみにインプレッサ WRX STiのよりコンペティショナルなモデルのSpec Cでもバッテーは軽量な小さめの容量の物を積んでいますね。

BHレガシィのバッテリー位置はフロント左側のちょうどタイヤの上くらいにありますから、5kgもの軽量化はハンドリングの気持ちよさにも繋がるかもしれません。

95D23L/C4のカオスバッテリーはネットで購入。14,000円程度で購入できました。またTポイントも6000円ほど貯まっていたのでTポイントも使って約8000円程度の現金で購入できました。大きめなカー用品店で買うと30000円ほどで売られているので非常にお得感がありました。もちろん保証付きです。

バッテリー交換は自分で行いました。非常に簡単です。
エンジンを切り、ボンネットをあけ、古いバッテリーの-ターミナル(黒)から外し、次に+ターミナル(赤)を外します。
バッテリーを固定する金具などを外し、古いバッテリーをおろします。
同じように新しいバッテリーを乗せ、金具でしっかり固定。装着するときは逆に赤いプラス端子から装着。続いて黒いマイナス端子を装着します。

最後に時計やラジオのセッティングはリセットされますので設定して完了。
古いバッテリーはガソリンスタンドで引き取ってもらえます。自分の場合は処理料金として500円取られました。

おかげでバッテリー切れの不安もありませんし、軽さは体感できるほどではありませんが、オーディオはいままでより音量レベルをあげなくても聞こえるようになりました。おすすめのバッテリーです。

BHレガシィ カオスバッテリー 95D23L