ブログなどを更新する際、かかせないのがAdobe PhotoShopやFireworksなどの画像加工ソフトです。

ですが値段的に個人ではなかなか手がでません。
そこでPhotoShopの代わりになるような、基本的な機能が揃った無料のWebサービスや無料または安価な画像加工ソフトを紹介します。

GIMP(無料・オープンソフト アプリケーション

まずはおなじみ「GIMP」。
オープンソフトの画像加工ソフトです。
Mac、Windows、Linuxなどに多くのOSで使え、多彩な機能・ファイル形式に対応し、
PhotoShopなどと比べても遜色ないのかもしれません。
プラグインやフィルターも充実しています。
http://www.gimp.org/

linux_dualscreen_griatch_art

Adobe PhotoShop Elements (一万円台 アプリケーション

PhotoShopの簡易版で、1万円代の価格も親しみやすいです。
機能もPhotoShopと基本的な部分は重なりますが、こちらはやはりより家庭での使い勝手や目的に重きを置いた機能が目につきます。画像の編集・加工はもちろん写真の整理にも便利な機能が用意されています。
画像整理のソフトはMacであればiPhoto から読み込みもできます。

Adobe PhotoShop Elements のダウンロードはこちら → http://www.adobe.com/jp/products/photoshopel/

スクリーンショット(2011-04-19 0.43.20)

スクリーンショット(2011-04-19 0.47.25)

PixelMator(7000円・アプリケーションMacのみ
Macのアプリケーションですが、美しいUIと多くの機能で使いやすい画像加工ソフトです。
操作感も軽く、フィルターやAutomatorと連携した自動化機能など強力なアプリケーションです。
これで7000円は安すぎると思えます。僕も使ってます。
http://www.pixelmator.com/

App Storeから購入できます。
http://itunes.apple.com/us/app/pixelmator/id407963104?mt=12&ls=1

mzl.xffpbuda.800x500-75

sprinklebig

Apple iPhoto(1700円 アプリケーション Macのみ)

意外と忘れがちではないでしょうか。Macを買うとプリインストールされていますが、App Storeで最新版を購入する事もできます。価格は1700円(iPhoto ’11)と安価です。iPhotoというと画像整理のソフトのイメージがありますが、回転やトリミング、縮小や補正などの機能も優れています。

http://itunes.apple.com/jp/app/iphoto/id408981381?mt=12

スクリーンショット(2011-04-19 0.45.57)

Apple プレビュー(アプリケーション Macのみ )

こちらもMacプリインストールのアプリケーション。
トリミングや回転、縮小くらいと思いきや色合いの加工も可能です。書き出しも様々なフォーマットに対応しています。
AutomatorなどMacの純正アプリケーションと組み合わせると可能性は広がりそうです。

preview

↓さて、こちらから下はWebでのサービスです。

Picnik(無料 Webサービス 個人的におすすめ!

登録不要で画像の編集加工(トリミング 回転 縮小拡大、エフェクトなど)が可能です。
Googleの画像管理アプリケーションの PicasaやFacebook、Flickr、mySpaceなどと連携し、SNSなどでの活動をバックアップしてくれます。操作感もわかりやすく、Flash製ですがそれを感じさせないほどの軽快感で気持ちよいです。

Webサービスの中では個人的におすすめです!

http://www.picnik.com/

スクリーンショット(2011-04-19 1.00.28)

NAVERフォトエディター(無料・WEBサービス)
こちらは割と有名でしょうか。Webブラウザ上で画像加工できるサービスです。
UIはPhotoShopなどっぽくなく、画面上部に主要な機能がわかりやすく並べてられており画像編集ソフトに馴染みのない方 でも使いやすいでしょうか。それでも機能は多彩です。

http://photoeditor.naver.jp/

スクリーンショット(2011-04-19 0.21.11)

pixlr.com(無料・WEBサービス

こちらもWebブラウザ状で画像加工できるサービスです。Flash製。
こちらはPhotoShopなどのUIと似ており、その点はNAVERフォトエディターと違う点です。
http://pixlr.com/

スクリーンショット(2011-04-19 0.19.32)

Instant Image Editor(無料・Chrome拡張)

Chromeの拡張機能で、Web上の画像をそのままChromeブラウザ状で編集できてしまいます。
開発はhttp://pixlr.comと同じようでUIも同じようです。ちょっとした修正などには便利です。
https://chrome.google.com/extensions/detail/kflilpkdgadcajfcafmefmndemaafcfe?hl=ja

1

SplashUp(無料 Webサービス)

こちらも無料、登録不要の画像加工サービス。FlickrやFacebookなどから画像読み込み、加工できます。
昨日に関しては最小限のような感じもしますが、操作感は悪く無いです。キーボードショートカットなどあればもっといいですが。

http://www.splashup.com/

超!美味しく変換無料・WEBサービス

料理や食べ物に特化した画像変換サービス。アップロードした食べ物画像をおいしく見えるように補正してくれます。

jpegのみの対応ですが、独自の画像処理エンジンで変換後はたしかに食べ物がおいしそうに見えます。
http://foodpic.net/

変換前

変換後

FC2画像縮小無料・WEBサービス
ぶっちゃけ画像のリサイズだけであればこちらのサイトが便利です。
JPEG/PNG/GIFに対応。20MBまでアプロード可能。幅や高さを指定して最適なサイズに変換してくれます。
パソコンなどに詳しくないクライアントの方でもシンプルなUIで使いやすいかもしれません。
http://r.fc2.com/

スクリーンショット(2011-04-19 0.01.54)

Web制作やデザイン作成、画像制作などの仕事で使うならもちろん業界のデファクトスタンダードAdobe PhotoShopを使えるようになるのは必須のように思いますが、たとえば個人でちょっと使いたいとき、クライアントがブログや新着情報などで画像の縮小やトリミングなどにちょっと使う際、余分な機能に余計なお金は払えませんので上記のような無料のサービスや安価なソフトなどをご案内してあげるのは非常に喜ばれると思います。

ちなみに「PhotoShopいらず」とうたっていますが、PhotoShop Elementsが入ってるぞ!というツッコミはしないで下さい。
wpicon_004.gifwpicon_004.gifwpicon_004.gif