最近、寒河江のボウルでのペダルグラインドがめっちゃきもっちいいです。
ペグのグラインドに比べて滑る面の感触がダイレクトに伝わるからでしょうか。ヤバいですね。

僕的なコツは体はアール側に残しつつも、滑らせるペダルに重心を置く、踏み込む感じでしょうか。
フロントタイヤはアール側に残したままです。テーブルには乗せません。
まだまだ少しずつ滑る距離が伸びてきている段階ですが。

しばらくプラスチックのペダルを付けていたんですが、
プラスチックだと滑った感触がない、音がでない、ペダルが削れまくるなどの理由で片側(右)だけ今まで使っていたアルミのものを付けています。
ボウル以外ではまたプラスチックに戻したり。

あんなボウル、近所に欲しいですね〜。