僕は毎朝起きたら、二度寝しないようにTVをつけてスッキリ!を見るんです。
葉山エレーヌかわゆすなぁ〜(^ω^)と思って起きるのです。
そしたら今日は秋葉原の事件ですよ。

スティーブンセガールもびっくり、映画の中の出来事、それが現実のこととなるとすごく戸惑いますね。朝から気分が沈みました。

世の中に対しての恨み、反抗、攻撃するってのはいつの時代もあったことなんだと思います。それはデモだったり、ストライキだったり、ファッションだったり、暴走族やヤンキー的なものもそうでしょう。

極端な話、反社会的な要素の度合いは違いますが、街中でスケートやBMXをすることもそういった要素を含んでいると思います。世の中に対しての自己表現。

度合いは違いますが、誰しも悲しいことや腹立たしいことはあると思います。
自分はBMXみたいな楽しいことをして忘れたり、時にはそういった怒りなどをBMXでぶつけることによって生きているんだと思います。

それが今回の人間の場合は通り魔だったんですね。
取り返しのつかない、誰も得をしないような行為に走るのだけはやめてほしいなと思います。その先に光はないですよね。そして今の時代、今後もこういった事件が起こらないとは否定できないのが悲しいですね。

事件のあった秋葉原と言えばオタクの聖地ですが、オタクって世の中から下に見られている印象ですが、その姿は楽しそうですよね。誰から何を言われようが思われようが自分の好きなことにのめり込めるってのはすごく素敵なことだと思います。自分も含めてですが、そういったものがある人は通り魔なんてことはしないと思います。そんなこと考えている時間がもったいないですからね〜!

ってことでこれから乗ってきます!