だいぶ前の話で恐縮ですが、前々から気になっていたレガシィのグリルのメッキはがれをなんとかしました。街で見かけるレガシィ、bg型もbh型も、bp型も、グリルのメッキはがれは見て取れます。

メッキを塗り直すのは大変ですし、かといって新しく買うのもお金がかかります。本当はメッシュタイプのものにしてみたいけど。。

なのでとりあえずいまのものをスプレーで黒く塗ってみました。

ボンネットを開けて、グリルを固定している10〜12mmくらいの各ナットを全部取り外し。

塗料が固着しやすいようにグリルにサンドペーパーをかけ、マスキングをして後はスプレーするという雑な物です、、。

こちらが購入当時のもの。1年半前。少し黒みがかったメッキです。
この段階でも一部剥がれておりますが、このあと洗車するごとに剥がれて行きます。

↑マスキングテープをし、その上からスプレー。それを装着した状態。
意外とこのまま全部黒く塗りつぶしててもかっこいいかもしれません。

塗料が乾いたらマスキングテープをはがして完成。とりあえずエンブレムとその横はメッキはがれがなかったのでそのままにしております。
好みは分かれるところでしょうが、個人的にははがれかかったメッキでいるより、こっちのほうがいいかなと思いました。グリルは樹脂素材なのですが肌色のような地が見えておりました。樹脂は金属と違ってメッキのもちは弱いのでしょうね。