Profile RacingのMini Race Casette Hubでホイールを組んでもらいました!
スペックは
・Profile Mini Race Casette Hub 36H 11T
チタンコグ、3/8インチチタンボルト、ボルトカバー
重量は約370グラム、48ノッチ
フランジは左右で大きさが違い、コグ側のほうが大きいです。スポークも二種類必要かもしれません。
ボルトは5/16インチの六角レンチで締めます。
同じProfile のフロントハブはクロモリのボルトでこちらは8mmの六角でも閉める事ができましたが、
チタンの方はより精度が高いのか、8mmのレンチはちゃんと使えません。
5/16インチは  (5/16) * 2.54 = 0.79375ミリなので非常に精度が高いものと言えます。
色はフロントと合わせたブラックです。Profileといえばポリッシュのハブがキレイですが、
黒は足回りが締まった印象でこれはこれでよいと思います。

・スポーク:カマクラ  Mach 3

・リム:ODYSSEY HAZARD LITE リム 36H CP
ホイール全体の重量は1.0kg〜1.1kg。(体重計で計りましたので非常に大まかな数値です。)

以前使っていた 南海Bambooハブ、同じカマクラ  Mach 3、ODYSSEY HAZARD LITE リム 36H CPのホイールは1.3kg。

200g程度の軽量化になりました。
おかげでリアがとても軽いです。逆にフロントを引き上げるのが重く感じるほどです。

購入のきっかけはアルミの南海ハブが、夏になるとこいでも“ヌケ”てしまう現象が多発したからです。
暖かくなると金属が膨張してかまなくなるのでしょうか。安心して乗れません。
また、もともとはトリッキーな技をいろいろできるようにとフリーコースターを使い始めたのですが、
フリーコースターハブ独特の漕いだときの遊び、こちらも気になっていてダイレクト感のある走り、乗り方がしたいと思うようになった気持ちの変化もあったからです。
なのでカセットハブを検討したのですが、せっかくなのでフロントと合わせたもので、またProfileの製品の精度が非常に良い点で購入を決定しました。
金額はハブが33,600円、ホイール全部で42,534円とだいぶ高価なものですが、今のところ大満足しています。

まだちゃんと乗れていませんが、こぎも重量も軽く、気持ちよくグングン走れます。

ただ、もう10年近くフリーコースターを使っていていたのでフェイキーからの戻りができません。
慣れていきたいと思います。
非常にいいハブです。

IMG_0746IMG_0748IMG_0749IMG_0750IMG_0751IMG_0752IMG_0753IMG_0757IMG_0755