IMG_0795

リアがパンクしました。

BMXのパンク修理ですが、ロードバイクもピストもMTBもママチャリも自動車のパンク修理は基本は同じと思います。
修理代や時間的なコスト、またライディング中にパンクした際など考えると絶対自分でできたほうがよいです。

とくに初心者の頃は変な着地などしてパンクしやすいと思うのでパンクも比較的頻繁にすると思います。自分はそうでした。

それではBMXのパンク修理をしましょう。

まずは準備として工具を確認します。

【パンク修理に使用する工具】

IMG_0798 IMG_0799 IMG_0800

まずは空気入れ。空気を入れる他、パンク箇所の確認やチューブの装着にも必ずといっていいほど使います。千円代〜三千円くらいで十分なものが買えます。もっと高級な物や持ち運びやすい携帯用のものなどあります。

BMXのチューブはアメリカン(米式)バルブですので、それに対応した空気入れを用意します。
フレンチ(仏式)バルブというのもあります。

IMG_0804

タイヤレバー。タイヤをリムから外す際に使います。
写真は折れにくい金属製ですが、リムを傷つけにくい樹脂製のものが多く出回っています。
数百円で買えます。へらの部分をタイヤとリムの間に差し込み、スポークをカギ状のところで引っ掛けておきます。

IMG_0826

パンク修理キット。ゴムのり、パッチ、紙ヤスリです。セットでも売ってますが、バラで買った方がお得です。
パッチのサイズはさまざまあります。あまり大きい物、ちいさいものは使いづらいので写真のサイズの物くらい、もしくはもう少し小さい物が使いやすいです。それぞれ2-300円くらいで買えます。

以上が基本的なパンク修理に必要なものです。これだけです。
また今回は必要ありませんでしたが、チューブを交換する際は以下の工具が必要です。
大きな穴が開いたりチューブのバルブ部分がバカになった場合はパッチでは修理できませんので交換となります。

IMG_0801 IMG_0803 IMG_0802

まずは交換するチューブ。

使うタイヤのサイズ(太さ)によってチューブの太さも変わるので必ず最適な物を使いましょう。
右の写真はアニマルの20インチ(外径) × 1.75〜2.125インチの太さのタイヤに対応している事を示しています。

チューブは最初はぺったんこなので少し空気を入れると装着しやすくなります。

IMG_0805

チューブを交換する際は上記のようなホイールを外す工具も必要です。
ラチェット、またはT字のハンドル+ソケットレンチ。ペグを使ってる場合はエクステンションバーが必要です。
ペグを使ってなければめがねレンチでもよいです。

IMG_0806 IMG_0807

ソケットレンチは角がたくさんあると細かい角度で使えるのでおすすめです。
BMXでは15mm、17mm、19mmあたりのナットが多いので自分のにあったものを用意しましょう。
左右前後で違うサイズのナットだと用意する工具も多くなるのであまりおすすめはしません。
しかし前後ハブで違うサイズのシャフトなどでナットの大きさも異なる場合も仕方なくあるでしょう。

IMG_0796 IMG_0808

自分のハブは六画レンチ(5/16)で固定するのでソケットレンチ類は必要ありません。

IMG_0809

モンキーレンチはナットの角をなめやすいのでお勧めしません。

また、チューブ交換の際にも空気いれ、タイヤレバーは必要です。パッチやゴムのりはいりません。

では実際の作業になります。

【パンク修理 作業手順】

大まかな手順としては、

1. タイヤの片方を外し、チューブを取り出す

2. チューブに開いた穴を探し、パッチで塞ぐ

3. チューブ・タイヤを戻し、空気をいれて完了。

とても簡単です。

IMG_0797 IMG_0812

まずはバルブを外します。

IMG_0814

チューブに空気が入っていると作業しにくいので空気は完全に抜きます。(バルブのなかの突起を押します。)

次にタイヤレバーを使ってタイヤの片側を外していきます。
へらの部分をタイヤとリムの間に差し込み、スポークをカギ状のところで引っ掛けておきます。
1本かけて、その10cmくらい先にもう一本かけて、、を繰り返して全体を外していきます。
リムを傷つけないように気をつけます。

IMG_0816 IMG_0817

タイヤの片側がリムから外れたらチューブをバルブのところから外していきます。

IMG_0818 IMG_0820

ブレーキが邪魔な場合は作業しやすいようにワイヤを外したりします。

IMG_0821

チューブが取り外せたら、穴の開いた箇所を確認するため少し空気を入れます。

IMG_0824

耳を澄ませて空気が抜けている箇所を探します。そして作業中にわからなくならないためにマークをつけるのもよいです。
パンク箇所は洗面器などに水を張ってチューブを沈め、空気の泡で確認するのが確実です。
パンク箇所は一カ所でない場合もあります。

IMG_0828

パンク箇所を確認したらその周りを広めによくヤスリがけし、ゴムの目を荒くし、ゴムのりのつきを良くします。

IMG_0830

ゴムのりを塗ります。あまり多すぎず少なすぎずの量で。

IMG_0831

IMG_0832

パッチからアルミをはがします。

IMG_0833

パッチのゴム面をチューブ貼付け。よ〜く密着させます。とくにパッチの周囲は念入りに。
プラハン(プラスティックハンマー)などでたたいてもよいです。その際はチューブに傷をつけないようにしましょう。

パッチを張ったまま(透明フィルムもそのままにします)、数分待ちます。

IMG_0834 IMG_0836

ゴムのりが乾いた頃、透明フィルムをはがしていきます。
パッチも一緒に剥がさないよう気をつけます。(写真はちょっと剥がれてしまいました。。)

IMG_0839

今度はチューブをタイヤにしまい、リムにタイヤをはめていく作業です。必要であればタイヤレバーを使います。
タイヤはロゴの部分とリム・チューブのバルブ部分の位置を揃えるとかっこいいですよ。

IMG_0840 IMG_0841

空気を入れて完成ですが、空気は一度にいれず、少しずついれながら、チューブをタイヤが挟んでいないか、またチューブの捻れ(ねじれ)などないか確認し、必要があればモミモミして正常な位置・方向にタイヤ・チューブを調整します。

IMG_0844

バルブキャップを締めて完成です。以上。

慣れれば20分もあればできますので絶対自分でできるようにしましょう!